ゴルフ会員権に関する情報サイト

ゴルフ会員権の売買手数料の会計処理方法

ゴルフ会員権の売買手数料の会計処理方法 ゴルフ会員権を持ちの方は、一度でも手に入れると手離せないと思われている方が大勢います。
ところが、この権利はある専門会社を頼ることで他者に譲渡することが可能です。
新聞等をご覧になると、広告でゴルフ会員権に売買というものを目にされたことがあるでしょう。
これがその譲渡になります。
専門会社は全国に数多くあり、売買手数料を支払うことで権利を買い取ってくれるのが特徴です。
大半が売り手と買い手の仲介をなされるため、長い期間利用されていた方であれば、確かな信頼を持てる相手に譲れるというわけです。
この売買手数料は個人であればポケットマネーという形で処理をできますが、法人で契約なされている場合は、会計処理をしなくてはいけません。
その処理仕方としては、取引先との遊興費という名目で計算するのが良いでしょう。
こうすることで年度末の確定申告でも、会社の経費というスタイルで処理をできるので大幅なコスト削減を可能にします。

ゴルフ会員権の売買手数料が安い理由について

ゴルフ会員権の売買手数料が安い理由について ゴルフ会員権の売買手数料は、ゴルフ会員権売買仲介業者の以下に上げるような経費と店舗費用です。
経費には当然オーナーを変更するために、名義の書き換えが必要になりその手続きを代行して行う人件費が必要となります。
それ以外にその売買仲介業者のネットや雑誌などに掲載して宣伝する、広告費も必要です。
さらに実店舗があるのなら、その家賃や掃除などして建物を維持する費用も掛かります。
それら諸々の費用をゴルフ会員権仲介業者は、手数料として取らなければ業態を維持できません。
従ってゴルフ会員権の売買手数料が安いと言う事は、それらの人件費や店舗維持費をコストカットしているからです。
実店舗を持たないでネットだけで業務を行う、オンラインサービスにすれば、店舗維持費を減額できるのでその分手数料も安くなります。
それ以外に事務手続きは単純作業なので、その業務を効率的に行って、一人が今までの3人分の処理を行えるシステムを構築すれば、計算上人件費も3分の1になり手数料をそれだけ下げられます。
つまり安い理由は、実店舗を持たずWebサイトで運営して、徹底したコスト削減をしたからです。